双方向光伝搬ツールFIMMPROP – Bi-directional optical propagation software

fimmprop1

FIMMPROPはEME法(EngenMode Expansion Method)を使用し、高速・高精度計算が可能な光導波路や光デバイスの解析・設計用シミュレーションソフトです。

正確な解を与えるマスクウェル方程式を使用した強力な計算エンジンを使用し、フルベクトルかつ双方向の伝搬解析が可能なので、すべての反射を計算できます。

【特長】

2Dおよび3Dの固有モード展開(EME)ツール

正確な解を与えるマスクウェル方程式

双方向アルゴリズムモデルのすべての内部反射を計算

シリコンフォトニクス設計に理想的な高屈折率コントラスト機能

単一パラメータをスキャンするためのスキャナインタフェース

Kallistosでのマルチパラメータ最適化

gratingsと周期構造の効率的なモデリングのためのEMEまたはRCMT(厳密結合モード理論)の選択

自由空間領域を介して高速伝搬のための双方向平面波展開アルゴリズム

例: ファイバ ⇔ 自由空間ギャップ ⇔ オプティカルチップカップリング

Scattering matrixアプローチは、高速設計の最適化を提供

FIMMPROPは設計変更の際、必要とされるものだけを再計算

モードソルバーツールFIMMWAVEの一部として開発されたエFIMMPROPは、熱光学ソルバー、電気光学ソルバー、そして応力ソルバーを含むFIMMWAVEすべての機能をサポート

【FIMMPROP事例】

Example 1: Silicon Photonics Modelling

FIMMWAVEとFIMMPROPシミュレーション
FIMMPROPは、シリコンフォトニクスのモデリングに最も使用されているソフトウェアの伝搬ツールです。完全なCADインタフェースを備えた非常に効率的なフルベクトル3Dモデルで、 GDS-IIのエクスポートなど高屈折率導波路のさまざまな伝搬をモデリングすることができます。

FIMMPROPでモデルリングが可能な設計は、MMIカプラ、方向性結合器、Y分岐、グレーティングカプラ、リング共振器等です。

 

Example 2: A 1×8 Planar MMI Coupler

FIMMPROPの3Dシミュレーション
AlGaAs系/ GaAsのリブ導波路の幾何学的形状に基づいて、1×8の平面MMIカプラをモデリングするためにFIMMPROPを使用できます。

fimmprop02

Example 3: A Planar Optical Y-Junction Power Splitter

FIMMPROPの3Dシミュレーション
FIMMPROPは、ゆっくりと変化する構造とテーパーモデリングのシミュレーションに非常に効率的なツールです。FIMMPROPは、GaAs/ AlGaAs系で作製された平面Y接合パワースプリッタをシミュレートするために使用しました。

下記は、スプリッタY-Junctionの平面図と断面図です。

fimmprop03

FIMMPROPでシミュレーションをしたY-Junctionの強度プロファイルの上面図です。

Photon Design社

Photon DesignlogoPhotonDesign 社は1992年に創業しました。創業以来、光 IC 、導波路分野での活動をメインとし、Photonics コンポーネントを網羅し、広範囲の光通信ツールとしての提供を行っています。培ってきた技術、情報から開発されたソフトウェアを、次世代の開発支援ツールとして、世界中の通信会社および研究所などに使用されています。

PAGE TOP ▲