全方向性フォトニック解析 OmniSim – Omni-directional photonic simulation

omnisim_2
OmniSimは、最も用途のあるフォトニックシミュレーションツールです。
特にナノフォトニックとプラズモニックデバイス設計と最適化に適しています。また、FDTDエンジンとFETDエンジン両方を備えているので、この組み合わせで両方のエンジンの長所を生かすことができます。 (例: 迅速な近似シミュレーションのFDTD、そしてより高い精度のFETD)
2D / 3D FDTDとFETDエンジンに加えて、OmniSimは非常に高速な2D FEFDシミュレータ(有限要素周波数領域)が含まれています。
また、CrystalWave add-onとして、フォトニック結晶構造のためのPWEベースバンドソルバーを提供します。

【特長】

ユーザーフレンドリーなレイアウトエディタ

マスク層エディタと2Dおよび3D形状のライブラリによって、ナノ粒子の周期的配列と同じくらい簡単にエピタキシャル構造の設計が可能

FDTD エンジン  2D/3D FDTDエンジン(有限差分時間領域)

Active FDTD使用して、ナノキャビティとフォトニック結晶のモデリングが可能

FETD エンジン  2D/3D FETDエンジン(有限要素時間領域)

プラズモニックデバイスをモデリングするために適している

FEFD エンジン・

非常に高速な2D有限要素周波数ドメインシミュレータ

RCWAエンジン

1D周期と2D周期格子モデル、メタマテリアルとRCWAエンジンを搭載した回折光学素子に適している

表面格子カプラーの自動設計

2Dと3D両方で、自動的に表面グレーティングカプラ(ファイバカプラへのチップ)を設計し、最適化することが可能

Active-FDTD

FDTDエンジン内の半導体利得をモデリングする能力追加したActive-FDTDツールの提供

構造を通る光の伝播をシミュレートする高効率のFDTDエンジンが含まれているので、リング共振器、光回折格子、フォトニック結晶、ナノフォトニクスなど複雑な構造をモデリングするのに最適

【OmniSim事例】

Example 1: Optical ring resonator filter model

2Dと3D FDTDとFETDシミュレーション

時間領域差分(FDTD)と有限要素時間領域(FETD)は、光リング共振器フィルタと相対的に小さな光ディスク共振器フィルタをモデリングするには理想的なツールです。

FDTDとFETDアルゴリズムのユニークな組み合わせで2Dまたは3Dでシミュレートする準備ができ、数回クリックするだけで、光リング共振器および光ディスク共振器を設計することができます。

omnisim01

Example 2: Diffraction Grating

FDTDとFEEDシミュレーション

斜入射で回折格子をモデリングするために FDTDとFETDエンジンを使用しています。

omnisim02

Example 3: Modelling Gratings with RCWA

RCWAでの無限の周期的格子シミュレーション

下記は、傾斜平面波励起で照明された構造です。RCWAエンジンを使用すると、平面波面内および面外両方を回転させることによって、照明の向きを制御することができます。
結果は、RCWAシミュレーションから得られたニアフィールドプロファイルのExコンポーネントです。

omnisim03

Photon Design社

Photon DesignlogoPhotonDesign 社は1992年に創業しました。創業以来、光 IC 、導波路分野での活動をメインとし、Photonics コンポーネントを網羅し、広範囲の光通信ツールとしての提供を行っています。培ってきた技術、情報から開発されたソフトウェアを、次世代の開発支援ツールとして、世界中の通信会社および研究所などに使用されています。

PAGE TOP ▲